2010年10月17日

第87回箱根駅伝予選会、拓大など9校

 第87回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会が16日、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園に至る20キロのコースで行われました。各校上位10人の合計タイムで競い、10時間11分39秒でトップ通過した拓大など9校が来年1月2、3日の本大会出場を決めました。

第87回箱根駅伝予選会.jpg
 個人トップでゴールする拓大のジョン・マイナ

 箱根駅伝で過去4度の総合優勝を誇る名門、大東大は11位で、初出場した1968年から続く連続出場が43で途切れました。そして、前回大会で連続出場が52でストップした順大は13位で、2年連続で予選会を突破できませんでした。
 成績は、(1)拓大10時間11分39秒(2)国学大10時間15分46秒(3)帝京大10時間16分22秒(4)中央学院大(5)上武大(6)東海大(7)日大(8)神奈川大(9)専大。個人成績は、(1)ジョン・マイナ(拓大)58分23秒(2)ベンジャミン(日大)58分43秒(3)早川(東海大)1時間0分3秒。
 本大会出場シード校=東洋大、駒大、山梨学院大、中大、東農大、城西大、早大、青学大、日体大、明大。本大会は以上19校に落選校の選手で構成する関東学連選抜を加えた20チームで競われます。
posted by dora-dora at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 箱根駅伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。