2006年04月13日

相木がコケテ目の回る展開で大差に

9回表、能美が続投して

またも井端が睨んでフォアボール、福留ショートゴロで2塁に

ここで相木がリリーフして

ウッズお目覚めライト前ヒット、1,3塁(代走・藤井)

アレックスのピッチャーゴロ封殺あせった相木がエラーして
1点がはいり、2,3塁

英智がファースト内野安打で1点はいって1,3塁

川相ライト前ヒットで1点追加


9対5 と セーブの付かない セーフティーリードに


阪神守備陣の混迷からランナーの位置が目まぐるしく変わって
目の回るようなアタフタスコアブックになりました
posted by dora-dora at 21:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 速報2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

名手・川相、今季初の芸術的犠打+ダメ押しタイムリー! / 今日のプロ野球
Excerpt: ◆G9−1C◆桑田の600日ぶり勝利につきる訳だが、それに関しては別記事にて掲載しているので、そちらを見て頂きたい。昨日、神の領域4得点に辿りついた広島だが、この日は1点とまた貧打に逆戻り。昨日の4点..
Weblog: ANQ Ritzberry Fields
Tracked: 2006-04-13 23:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。