2012年02月18日

吉田えりの星が消えた

 ナックルに磨きをかけてアメリカでのプロへの道を模索する吉田えりは、今季は関西独立リーグ兵庫に在籍して渡米の機会を狙います。そんな彼女が目標としていたレッドソックスのウェークフィールド投手がキャンプ地のフロリダ州フォートマイヤーズで記者会見し、引退を表明しました。

ナックルのウェークフィールド.jpg

 1992年にパイレーツでデビューし、95年にレッドソックスに移籍したウェークフィールドは、98年、2007年に自己最多の17勝をマークするなど先発の柱として、昨年9月に通算200勝を達成しました。メジャー19年間で通算成績は200勝180敗、防御率4・41でした。
 同じマウンドに立ちたいと夢見てきた吉田えりは、今季は背番号「20」をつけ、アメリカでの夢実現に向け3月24日に開幕を迎えます。
posted by dora-dora at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。