2005年10月04日

中田が1点先制された

  2回裏、中田から

    真中がライト線ツーベースヒット

    小野センター前ヒットで1点

    その後のツーアウト満塁のピンチは

    土橋セカンドライナーで切り抜けた


   0対1 と 先制された


    ヤクルト先発は石堂が4月17日以来のマウンド

    青木は1―0(1四球)、福留は1―0
posted by dora-dora at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 速報2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7689314
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。