2006年01月02日

第82回箱根駅伝 3区 通過順位

1 1 山梨学院大  片貝 勝浩      
2 2 中央大学   上野 裕一郎 00:00:21  
3 3 東洋大学   尾田 寛幸  00:00:33  
4 4 東海大学   佐藤 悠基  00:00:37 区間新
5 5 駒澤大学   井出 貴教  00:01:46  
6 6 日本大学   福井 誠   00:02:58  
7 7 亜細亜大学  岡田 晃   00:03:04  
8 8 城西大学   山口 浩一  00:03:14  
9 9 順天堂大学  松瀬 元太  00:03:17  
10 10 早稲田大学  宮城 普邦  00:03:34  
11 11 國學院大學  竹下 大亮  00:04:06  
12 12 大東文化大学 加藤 徳一  00:04:07  
13 13 日本体育大学 永田 淳   00:04:08  
14 14 神奈川大学  森津 翔太  00:04:36  
15 15 法政大学   下川原 温  00:04:55  
16   関東学連選抜 藤原 忠昌      
17 16 明治大学   幸田 高明  00:05:22  
18 17 専修大学   湯野 隆太朗 00:05:49  
19 18 中央学院大学 木村 聡寿  00:06:05  
20 19 国士舘大学 川崎 健太  00:07:15  


  ☆山梨学院大9年ぶりの1位通過を片貝がホールド
  
posted by dora-dora at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 箱根駅伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第82回箱根駅伝 2区 通過順位

通過順位/順位/大学/選手名/1位とのタイム差

1  1 山梨学院大学 メクボ・J・モグス      
2  2 東洋大学   黒崎 拓克  00:00:41  
3  3 中央大学   池永 和樹  00:00:51  
4  4 中央学院大学 信田 雄一  00:01:18  
5  5 駒澤大学   佐藤 慎悟  00:01:21  
6  6 日本体育大学 保科 光作  00:01:46  
7  7 國學院大學  三島 慎吾  00:01:48  
8  8 早稲田大学  竹澤 健介  00:02:09  
9   関東学連選抜 阿久津 真倫      
10 9 神奈川大学  豊田 崇 00:02:29  
11 10 城西大学   田上 貴之 00:02:37  
12 11 東海大学   丸山 敬三 00:02:43  
13 12 順天堂大学  松岡 佑起 00:02:47  
14 13 亜細亜大学  板倉 克宣 00:02:56  
15 14 大東文化大学 野宮 章弘 00:03:05  
16 15 日本大学  ディラング・サイモン 00:03:33  
17 16 専修大学  座間 マボロベネディ 00:03:34  
18 17 法政大学   田中 宏幸 00:03:38  
19 18 明治大学   田中 文昭 00:04:21  
20 19 国士舘大学  竹田 祐 00:04:44


  ☆山梨学院大のモグスが12人抜きで1位に

  ※一度はトップに出た日大のサイモンは8.5キロ付近でモグスに抜かれてから失速
posted by dora-dora at 10:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 箱根駅伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第82回箱根駅伝 1区 通過順位

通過順位/順位/大学/選手名/1位とのタイム差

1  1 中央学院大学  木原 真佐人      
2  2 駒澤大学    藤山 哲隆   00:00:03  
3  3 中央大学    奥田 実    00:00:04  
4  4 日本大学    土橋 啓太   00:00:13  
4  5 東洋大学    市川 健一   00:00:13  
6  6 明治大学    岡本 直己   00:00:18  
7  7 早稲田大学   阿久津 圭司  00:00:34  
8  8 城西大学    森田 稔    00:00:37  
9  9 亜細亜大学   木許 史博   00:00:38  
10 10 國學院大學   山口 祥太   00:00:39  
11 11 順天堂大学   佐藤 秀和   00:00:46  
12   関東学連選抜  中尾 誠宏      
13 12 山梨学院大学  大越 直哉   00:00:50  
14 13 大東文化大学  金塚 洋輔   00:00:57  
15 14 東海大学    杉本 将友   00:00:59  
16 15 神奈川大学   平本 哲也   00:01:08  
17 16 日本体育大学  鷲見 知彦   00:01:09  
18 17 法政大学    高嶺 秀仁   00:01:44  
19 18 専修大学    平澤 幸太   00:02:12  
20 19 国士舘大学   阿宗 高広   00:02:13

   ☆中央学院大学が区間1位となったのは初めて

   ※トップを快走していた日体大の鷲見は六郷橋で失速

posted by dora-dora at 09:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 箱根駅伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

知ってますか、箱根駅伝の「山登り」延長

 12月6日に行われた全日本大学駅伝は日大が5時間18分34秒で14年ぶり2度目の優勝を飾り、中大が2位、昨年覇者の駒大は3位に終わりました。

 最近10年間の結果を見ると、全日本で勝った学校のうち7校はそのまま1月の箱根駅伝でも総合優勝を飾っています。過去のデータを見る限り、日本大学が総合優勝の最有力です。

 しかし、今年から第5区の通称「山登り」がコース変更されました。従来は鈴廣本店前駐車場が中継所だったのですが、今回から2.5キロ東京よりのメガネスーパー本社前に変更されたため、21.0キロあった4区は18.5キロに短縮され、5区は20.9キロから一気に23.4キロに延びてしまったのです。

 ふだんからキツイことで有名な「山登り」が距離まで延長されて、サバイバル・レースになることは必定です。距離に強く、かつ登りに強い選手をもつチームが大会を制することになるでしょう。

 過去のデータどおりにいかない「山登り」コースの設定で、思わぬ番狂わせも十分に期待できそうです。往路のゴールにどのチームの「たすき」が一番乗りするか、今からワクワクさせられます。


 ※小田原市中心部に入って左に右にと曲がって、300メートルほど行ったところに新しい中継所が設けられます。新幹線ガードまでここから600メートルほどです。
posted by dora-dora at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 箱根駅伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

完全保存版2006年箱根駅伝

 第82回東京箱根間往復大学駅伝競走(来年1月2、3日)のエントリー選手が9日決まって、出場20チームの監督らが都内で会見しました。

 シード権出場(10校)
駒澤大学 40回連続40回目 日本体育大学 58回連続58回目 日本大学 9回連続77回目
中央大学 77回連続80回目  順天堂大学 49回連続49回目  東海大学 34回連続34回目
亜細亜大学 5年連続29回目  法政大学 8年連続70回目  中央学院大学 4年連続7回目
神奈川大学 15年連続38回目

 予選会勝ち上がり出場(9校)
東洋大学 4年連続64回目  早稲田大学 30年連続75回目  國學院大學 3年ぶり3回目
山梨学院大学 20年連続20回目 大東文化大学 39年連続39回目 城西大学 3年連続3回目
国士舘大学 2年ぶり39回目 明治大学 2年連続49回目 専修大学 2年連続62回目

 第82回東京箱根間往復駅伝の予選会は、東京・立川市の国営昭和記念公園内コース(20km)
にて、10月22日(土)に行われました。来年1月2、3日の本大会の出場枠を目指して、昨年より5校多い39大学が出場し、本大会出場校の9校が決定しました。

 出場回数最多は80回の中央大学、ついで77回の日本大学です。

 優勝回数最多は14回の中央大学、ついで12回の日本大学・早稲田大学。

 完全優勝最多は9回の中央大学・日本大学です。

 往路優勝は中央大学が15回、日本大学が13回です。

 復路優勝は早稲田大学が15回、中央大学が14回です。

 全区間1位を他校に譲らず優勝は、中央大学が6回、日本大学が2回です。

ごぼう抜き歴代記録
  人数 順位変動 区間 選手名 大学名 大会
@15人 19位→ 4位 2区 中川拓郎 順天堂大学 79回大会(2003)

A12人 14位→ 2位 2区 モカンバ 山梨学院大学 81回大会(2005)
   13位→ 1位 2区 服部 誠 東京農業大学 50回大会(1974)
   20位→ 8位 2区 尾田賢典 関東学院大学 79回大会(2003)

B11人 15位→ 4位 5区 今井正人 順天堂大学 81回大会(2005)

 

 正月の楽しみは起きぬけは布団の中で、それからお雑煮を食べながら、そしてコタツにはいって箱根駅伝をみることです。
 お天気がよければ、初詣に出かけます。2日、3日は小さな親戚の子供たちが(小さくないのも混ざって)お年玉をもらいに来ます。年の瀬には、新札を袋に入れて名前を書いて準備して大晦日となります。
 毎年、決まりきったことに追われて、あわただしく新しい年を迎えています。だから、箱根駅伝は、とても確かな1年の区切りになります。わたしは・・を応援し続けています。
posted by dora-dora at 13:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 箱根駅伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。